ahamo
PR

【速度も公開】ahamo(アハモ)の電波を地下鉄で測定してみた

ハチ
記事内に商品プロモーションを含みます
記事で分かること
  • ahamoの繋がりやすさ
  • ahamoを使うメリット
  • 繋がらない場合の対策
  • ahamoの申し込み方法

ahamo(アハモ)は、繋がりやすいキャリアですが、地下鉄エリアの評判はあまり見かけません。

地下鉄エリアで繋がるのか確認してから契約したい、と考えている方も多いのではないでしょうか。

地下鉄での速度が気になる

そこで、ahamoユーザーの私が、大阪・神戸・福岡の地下鉄で、通信速度を測定してみました。この記事では、その結果をシェアします。

先に結論を言うと、地下鉄でも快適に繋がります

ahamoの繋がりやすさが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ahamoと楽天モバイルを比較!リアルな通信速度と電波状況も解説
ahamoと楽天モバイルを比較!リアルな通信速度と電波状況も解説

ahamoは地下鉄で繋がりやすい

ahamoは地下鉄でも高速で繋がります。

地下鉄での速度は平均111Mbps

地下鉄で大手キャリア最速

デパ地下や地下街も繋がる

地下鉄以外では平均131Mbps

実際に測定した結果をもとにそれぞれ解説します。

ポイント

現在お使いのスマホと比べると、よりahamoの繋がりやすさが判断できると思います。

私が使用したFast.comはNetflixが提供している、無料の測定サービスです。サイトにアクセスするだけで誰でも測定できますので、ぜひ一度、現状の速度を確認してみてください。

※測定サイト「Fast」にアクセスします

地下鉄での速度は平均111Mbps

ahamoの電波を各地下鉄(大阪・神戸・福岡)で測定した結果、平均速度は111Mbpsでした。詳細は以下の通りです。

地下鉄平均速度
大阪メトロ
御堂筋線
53 Mbps
大阪メトロ
四つ橋線
59 Mbps
大阪メトロ
中央線
124 Mbps
大阪メトロ
谷町線
105 Mbps
神戸市営
山手線
124 Mbps
神戸市営
海岸線
160 Mbps
福岡市営
空港線
72 Mbps
福岡市営
七隈線
145 Mbps
福岡市営
箱崎線
139 Mbps
平均111 Mbps
ahamoの地下鉄通信速度

各地下鉄で乗車数の多い駅をピックアップして5〜10駅ずつ測定しました。時間帯はランダムなのでラッシュ時は誤差があるかもしれません。

<測定条件>

端末:iPhone12mini

日付:2023年7月

ちなみに地域差はないと感じました。ここに載っていない東京名古屋の地下鉄も同じような速度になると思います。

人気アプリをオンラインで使用したときの繋がりやすさは以下の通りです。動画視聴からネット検索まであらゆる操作がスムーズにできました。

YouTube
X
Instagram
Google
HOT PEPPER
グルメ
LINE
YouTubeMusic
Spotify
Voicy
standfm
NBA Rakuten
楽天リンク
私が感じたアプリの繋がりやすさ

ahamoなら動画音楽をメイン利用したい方も安心です。大盛りオプションを追加することで最大100GBまで高速データ通信ができます。

ネット検索SNSなどスピードが求められるアプリも問題なく使えます。地下鉄でも繋がりやすくストレスフリーになるでしょう。

乗車時間毎日乗るたまに乗る
長い
短い
ahamoがおすすめの人

地下鉄で大手キャリア最速

ahamoは繋がりやすさを重視したい方にイチオシの格安SIMです。他キャリアも同じように測定した結果、平均速度がナンバーワンでした。

格安SIM平均速度
ahamo
(ドコモ回線)
111 Mbps
UQモバイル
(au回線)
98 Mbps
LINEMO
(ソフトバンク回線)
99 Mbps
楽天モバイル
(楽天回線)
15 Mbps
格安SIM別の地下鉄通信速度

UQモバイルやLINEMOもサクサク使えますが、速いほうがより安心できると思います。人気の20GBプランもあるため多くの方が使いやすいといえます。

もしドコモ回線以外で選びたいなら「LINEMO」もおすすめです。3GBプランもあるので小容量ユーザーでも選びやすいと思います。

あわせて読みたい
【速度も公開】LINEMO(ラインモ)の電波を地下鉄で測定してみた
【速度も公開】LINEMO(ラインモ)の電波を地下鉄で測定してみた

デパ地下や地下街も繋がる

ahamoでデパ地下地下街の通信速度も測定したので紹介します。結論、繋がりやすさは問題ありませんでした。

デパ地下の平均速度は大阪エリアで34Mbps、福岡エリアで66Mbpsでした。地域差は無く建物によって変わる印象です。

測定場所速度
デパ地下
阪神梅田
23 Mbps
デパ地下
大丸梅田
32 Mbps
デパ地下
阪急うめだ
54 Mbps
デパ地下
あべのハルカス
26 Mbps
大阪 平均34 Mbps
デパ地下
福岡三越
56 Mbps
デパ地下
大丸福岡
26 Mbps
デパ地下
岩田屋本店
84 Mbps
デパ地下
博多阪急
96 Mbps
福岡 平均66 Mbps
ahamoのデパ地下通信速度

デパ地下は地下鉄よりも遅くなる傾向がありますが十分高速です。一般的に25Mbps以上あれば動画視聴もスムーズと言われています。

地下街は大阪エリアの爆速が目立ちました。地域によって多少はあると思いますが、他県でも繋がりやすさは問題ないでしょう。

測定場所速度
地下街
ホワイティうめだ
31 Mbps
地下街
ディアモール大阪
260 Mbps
地下街
なんばウォーク
180 Mbps
地下街
NAMBAなんなん
260 Mbps
大阪 平均183 Mbps
地下街
博多駅
46 Mbps
地下街
天神
43 Mbps
福岡 平均45 Mbps
ahamoの地下街通信速度
あわせて読みたい
【現地レポ】ahamo(アハモ)の電波を大阪で測定してみた
【現地レポ】ahamo(アハモ)の電波を大阪で測定してみた

地下鉄以外では平均131Mbps

地下鉄以外も測定したところ平均速度は131Mbpsでした。大手キャリアの格安SIMでナンバーワンの繋がりやすさです。

エリア速度
ahamo131 Mbps
UQモバイル113 Mbps
LINEMO83 Mbps
楽天モバイル38 Mbps
povo118 Mbps
ワイモバイル79 Mbps
大手キャリア格安SIMの平均速度(N=160)

どんな場所でもサクサク繋がる「ahamo」は移動が多い方におすすめです。また大手の安心感があるので初めて格安SIMを使う方にも向いていると思います。

エリア速度
大阪95 Mbps
福岡155 Mbps
熊本125 Mbps
鹿児島127 Mbps
沖縄153 Mbps
平均131 Mbps
ahamoの平均速度(N=160)

ahamoを使うメリット

ahamoを使うメリットもあわせて紹介します。

人気サブスクが実質20%オフ

データ通信量をシェアできる

月途中からデータ追加できる

地下鉄と相性が良いものをピックアップしてみました。

人気サブスクが実質20%オフ

ahamoは「爆アゲセレクション」対象プランです。ポイント還元によりSpotifyNetflixなど人気サブスクサービスが実質20%オフで利用できます。

爆上げセレクションの中でおすすめのサービスは3つです。すでに通勤中に使っている方も多いのではないでしょうか。

サービス通常料金実質料金
Spotify
プレミアム
980円25%還元で
757円
YouTube
プレミアム
1,280円20%還元で
1,047円
Netflix
スタンダード
1,490円20%還元で
1,219円
ポイント還元後の実質料金

期間限定ではなくずっとお得な料金で利用できます。手続きも公式サイトを経由するだけなのでとても簡単です。

還元されたポイントはahamoの支払いに利用できるため余ることもありません。動画音楽のサブスクを利用したい方の大きなメリットになると思います。

データ通信量をシェアできる

ahamoは利用データ量をシェアできる「データプラス」があります。スマホとタブレットを2台持ちしている方におすすめのオプションです。

これまでギガホプランのみ利用できるオプションでしたが、2023年10月よりahamoも対象に追加されました。(月額1,100円税込)

データプラスを利用すれば2台持ちでも無駄なくデータを使えます。たとえばスマホとタブレットで20GBをシェアすると次のような使い分けが可能です。

端末スマホタブレット
プランahamoデータプラス
データ量15GB5GB
税込料金2,970円1,100円
合計4,070円
データプラス利用イメージ

このように1,100円で5GB使うこともできるのでとても経済的です。タブレット用に格安SIMを契約している方は集約する良い機会だと思います。

Wi-Fiモデルのタブレットを持っている方はテザリング機能が便利です。こちらは無料で利用データ量をシェアできます。

ahamoを1つ契約するとスマホタブレット両方でネットが使えるメリットがあります。端末を2台持ちしている方はぜひ活用してみてください。

月途中からデータ追加できる

ahamoは地下鉄でも楽しめるサービスが揃っているため、ついデータ容量を使いすぎてしまうことがあるかもしれません。

月末の速度制限が怖い・・

そんな方におすすめしたいのが「ahamo大盛り」です。月途中からでもデータ容量を追加できるオプションで、最大100GBまで使えるようになります。

100GBもあれば速度制限に引っかかることはほぼ無いと思います。通勤時間が長い方も安心して利用できるのではないでしょうか。

オンライン会議 / 学習約170時間/月
動画サービスの利用約85時間/月
音楽サービスの利用約2万曲DL/月
100GBでできること
参考:ahamo公式

先ほど紹介したデータプラスも併用できます。ただタブレット側は最大30GBまでの制限があるのでお気をつけください。

端末スマホタブレット
プランahamo大盛りデータプラス
データ量70GB30GB
税込料金4,950円1,100円
合計6,050円
データプラス利用イメージ

もちろん他キャリアと同様に550円で1GBずつ追加することもできます。

ahamoは他キャリアよりもデータ追加の選択肢が豊富です。20GBプランで足りるか心配な方が安心して乗り換えられる格安SIMだと思います。

地下鉄で繋がらない場合の対策

乗り換えた後に繋がりにくいと感じたら以下対策を検討してみてください。

オフライン再生を活用する

他キャリアに乗り変える

povoをサブ回線にする

オフライン再生を活用する

先ほど紹介した人気サブスクはダウンロード機能が付いています。繋がりにくい場合は事前にダウンロードしてオフライン再生を活用してみてください。

オフライン再生なら電波の影響を受けないため地下鉄でも安定して楽しむことができます。飛行機内でも使えるので一石二鳥ですね。

またデータ容量を消費しないため長時間利用しても速度制限になりません。通勤時間が長い方も積極的に使ってみてはいかがでしょうか。

ダウンロード中はデータ容量を消費するのでWi-Fi環境で行うことをおすすめします。

他キャリアに乗り換える

繋がりやすさナンバーワンのahamoも繋がりにくい場面があるようです。特に最近、都心部でそのような評判を見かけます。

利用者が増えすぎて回線が混雑する「パケ詰まり」という現状が一部で起きているようです。

なかなか改善されない場合は他キャリアに乗り換えも検討してみてください。地下鉄で繋がりやすい格安SIMを3つ紹介します。

20GBプラン
LINEMO
料金
2,728円(税込)
回線
ソフトバンク
地下鉄の平均速度
99 Mbps
20GBプラン
UQモバイル
料金
3,278円(税込)
回線
au
地下鉄の平均速度
98 Mbps
20GBプラン
povo
料金
2,700円(税込)
回線
au
地下鉄の平均速度
94 Mbps

LINEMOUQモバイルは音楽配信サービスがお得に利用できる特典があるので、地下鉄利用者には特におすすめです。

ahamoは最低利用期間や契約解除料がありません。使いにくいと感じたらすぐ乗り換えることができます。

povoをサブ回線にする

できるだけ繋がらないリスクを減らしたい方は、サブ回線を持つことを検討してみてはいかがでしょうか。

サブ回線とは日常的に使うメイン回線とは別にもう1つ回線を契約することです。

2つも契約するとスマホ代が高額になってしまう恐れもありますが、povoなら心配いりません。基本料ゼロ円のため使わなければ無料です。

povoは使いたいときだけデータ容量を購入することができます。普段はahamoをメインで使って、お守りとしてpovoを持っていれば安心です。

ただし6ヶ月間データ購入がない場合は、自動解約になる可能性があるのでお気をつけください。

なおデュアルSIMを使えば1台の端末に2回線入れることもできます。スマホ2台持ちと使いやすい方法を検討ください。

ahamoの申し込み方法

ahamoはオンライン専用プランです。

各自で公式サイトから申し込み手続きするのが通常ですが、一部サポートもあります。

  • オンライン申し込み(通常)
  • オンライン申し込み(サポート)
  • ドコモショップで申し込み

オンライン申し込み(通常)

ahamoは、公式サイトよりオンライン申し込みをするのが通常です。

公式サイトでガイドされている手順を見ながら、自分で手続きします。

私の場合は、約1時間で申し込みから開通まで完了しました。

あわせて読みたい
ahamo【eSIM】申し込みと開通設定方法|他社からMNPワンストップ転入
ahamo【eSIM】申し込みと開通設定方法|他社からMNPワンストップ転入

初めは不安を感じると思いますが、やってみると結構簡単です。

日常的にスマホを操作している方であれば、問題なく手続きできると思います。

  • オンライン申し込みが基本
  • 即日利用可能

オンライン申し込み(サポート)

おすすめの人
  • 自分で手続きするのが不安
  • オンラインで相談したい

ahamoは、ドコモの「オンライン手続きサポート」の対象範囲になっています。

専用オペレーターAIアシスタントからサポートを受けながら手続きができます。

サポート方法は3種類です。

  • ビデオ通話(10:00-19:00)
  • 有人チャット(9:00-20:00)
  • AIチャットボット(24時間)

いずれも契約者本人が操作しながら、分からないところを都度確認できるサービスです。

サポート料金は無料です。

  • サポート料金は無料
  • 契約者本人が操作

ドコモショップで申し込み

おすすめの人
  • 自分で手続きするのが不安
  • オンライン操作が苦手
  • 近くにドコモショップがある

ドコモショップで手続きできる「ahamoWEBお申し込みサポート」もあります。

こちらも契約者本人が操作しながら、スタッフがサポートしてくれるサービスです。

事務手数料として、税込3,300円がかかります。

  • 事務手数料は3,300円
  • 契約者本人が操作

このように、各種サポートがありますが、共通して契約者本人による手続きとなっています。

個人的には、最初の自分でオンライン申し込みする方法がおすすめです。

ahamoは地下鉄でも繋がりやすい

以上、ahamoの繋がりやすさを地下鉄で検証した結果でした。

まとめると以下の通りです。

ahamoの検証結果
  • 地下鉄での速度は平均111Mbps
  • 地下鉄で大手キャリア最速
  • デパ地下や地下街も繋がる
  • 地下街以外では平均131Mbps
ahamoを使うメリット
  • 人気サブスクが実質20%オフ
  • データ通信量をシェアできる
  • 月途中からデータ追加できる
地下鉄で繋がらない場合の対策
  • オフライン再生を活用する
  • 他キャリアに乗り換える
  • povoをサブ回線にする

毎日通勤で地下鉄を利用する方も、安心してお使い頂けると思います。

以上です!

あわせて読みたい
iPadセルラーモデルにおすすめの格安SIMとeSIMアプリ【7選】
iPadセルラーモデルにおすすめの格安SIMとeSIMアプリ【7選】

※注記がない限り全て税込表記です

ABOUT ME
ハチ
ハチ
楽天モバイルマン
旅行しながら電波を測定しています|リアルな繋がりやすさを公開中|実際に使って感じたレビューを書いています|格安プラン歴3年|ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルが好き
記事URLをコピーしました